ペペロミア開発ブログ

React Nativeで開発しているアプリ「ペペロミア」の技術系記事を投稿してます

AppLaunchpadでスクリーンショットを作成

思いの外、Androidの方は何もせずに実装できてしまったので、今回はスクリーンショットを作成の話についてを記事にします

AppLaunchpad

theapplaunchpad.com

Store用のスクリーンショットを簡単に作成できるサービス

無料でも使用できますが、 iPhone XS Max & iPhone X用のスクリーンショット作成に月額$29かかるので注意

theapplaunchpad.com

今年の3月からApple Storeに6.5インチ(iPhone Xs Max用)のスクリーンショットが必須になった関係で実際に使うなら有料版が必要 (結構高いけど、どうせ一ヶ月も使わんだろうの精神で払って使用してみた)

使用感

最初にプラットフォームを選択して

f:id:wheatandcat:20190424222418p:plain

編集画面が表示される

f:id:wheatandcat:20190424222457p:plain

あとは、↓みたいなアプリのスクリーンショット

f:id:wheatandcat:20190424222618j:plain:w100 f:id:wheatandcat:20190424222703j:plain:w100 f:id:wheatandcat:20190424222725j:plain:w100 f:id:wheatandcat:20190424222745j:plain:w100

アップロードして

f:id:wheatandcat:20190424223010p:plain

Templateを変更して、それっぽい感じに編集

f:id:wheatandcat:20190424223216p:plain

テキストとか追加して、こんな感じに

f:id:wheatandcat:20190424223634p:plain

あとはエクスポートすると色々なサイズで出力してくれます

f:id:wheatandcat:20190424223748p:plain

あとはApple Storeスクリーンショットにアップロードして完了!

f:id:wheatandcat:20190424224043p:plain

お金はかかるけど、手軽に作れるので満足